犬に牛乳をあげてはだめな理由とは?ペットサプリなら大丈夫?

犬に牛乳をあげてはだめな理由は?ペットサプリなら大丈夫?

ペットは家族、という方が増えてくるのはとても良い傾向です。
しかしその反面可愛がり過ぎて、本来犬に与えてはいけないものを与えてしまっている方が多くいます。

 

その中で飲み物なら大丈夫だろうという事で牛乳を与えてしまう方がいます。
牛乳は少しならあげても問題ないという情報がインターネット上で飛び交っているせいもあります。

 

与えてもその時にの体調に変化が無かったからまたあげても大丈夫だと思ってしまうかもしれません。
しかし本当に愛犬のことを思うなら飲ませない事をおすすめします。

 

何故人間用の牛乳だめなのでしょうか?
その理由は乳糖(別名ラクトース)です。

 

乳糖が入っている牛乳は犬に与えてはだめ

乳糖には本来母乳からしか摂取できないとされている、甘み成分が含まれています。
この成分をしっかりと消化できるのがラクターゼと言われています。

 

人間の腸内にもこのラクターゼと呼ばれる乳糖分解酵素があります。
これで多糖類である、乳糖を単糖類に変えて消化吸収しています。

 

よく牛乳を飲んでお腹を壊す方がいるのはその酵素の容量を超えてしまったり、酵素が少なかったりする方がいるからです。
そしてうまれたばかりの子犬は体内に沢山のラクターゼがある為に母犬の母乳を飲む事が出来て消化吸収する事が出来るのです。

 

しかし成長していくにつれて、このラクターゼは減少していってしまいます。
それが理由でに人間用の牛乳をあげてしまうと乳糖を消化できなくなってしまう為にお腹を下してしまうわけです。

 

犬専用の牛乳は栄養満点なペットサプリ

しかし愛犬の体調や好みによっては牛乳のような栄養のある飲み物を飲ませたいということがあると思います。
その場合は犬専用の牛乳を与えてあげるのが良いです。

 

犬専用の牛乳に飲ませても大丈夫な理由は、乳糖の成分が除外してあるからです。
そして必要な栄養素もプラスしている為にペットにはとても嬉しい飲み物になる筈です。

 

栄養満点でおなかを壊す心配もないので犬にとっては最良のペットサプリとなるでしょう。

 

>>ペットサプリおすすめランキングはこちらから確認できます!<<

page top