人間の食べ物で犬が食べてはいけないもの・その理由とは?

犬が食べてはいけない人間の食べ物とその理由

は基本的には何でも食べられるイメージがあります。
わざわざドッグフードを買うよりも魚の骨や味噌汁がけご飯など家にあるものでエサを済ませるという家庭も少なくはありません。

 

実際ドッグフードばかり与えられているは人間で言えば外食ばかりしているような状態なので
手作りされたものを食べる方が長生きをするとも言われています。

 

しかし、人間は食べられても犬が食べてはいけない食べ物というものもあります。
どんなものに気を付けなければならないのか、またその理由を紹介します。

ネギ類

タマネギなどはが食べてはいけないものとして一般的に知られています。
ネギ類はの血液に悪影響を及ぼすため、中毒状態になってしまい最悪死にいたります。

 

人間がよく料理に使う食材の1つですが、にはとても危険なので注意が必要です。

 

ブドウやレーズン

なぜダメなのかという理由は明らかになっていません。
しかし食べることで中毒症状を起こすおそれがあります。

 

激しい嘔吐や下痢を繰り返すようになり、死にいたったケースもあります。
室内犬などは人間が食べているものを隙を見て食べようとする場合があります。

 

ブドウやレーズンをうっかり食べられないように気を付けましょう。

 

チョコレート

カカオに含まれているテオブロミンが中毒症状の原因となります。
わざわざチョコレートを与えるということはなかなかないと思うのですが、人間が食べているものを横からとられないよう注意しましょう。

 

加熱不十分の豚肉

だけではなく人間にとっても危険なのが生の豚肉です。
生の豚肉には寄生虫が多く、それが原因で感染症になるおそれがあります。

 

しっかり加熱したものであれば大丈夫です。

 

まだまだたくさんあるのですが、注意しなければならない食べものはたくさんあります。
与えるつもりはなくても人間が食べているものに興味を持って横から食べてしまう場合も少なくありません。

 

特に室内で飼っている場合は注意しましょう。

 

>>ペットサプリおすすめランキングはこちらから確認できます!<<

page top