犬のペットサプリも子犬や成犬・老犬ごとに回数に注意

犬の健康サポートになるペットサプリも回数に注意し子犬や成犬と老犬ごとの対応を

ペットサプリには様々な種類が出ています。
健康をトータル的に考えたものから、膝への負担や足腰の弱りに対するものもあります。

 

人間のものと同じように効果・効能がありますから、きちんと調べて与えることが大切です。
食事から十分に栄養が補給できているのに、さらにプラスしてしまうと過剰になってしまいます。

 

すると腎臓などに負担がかかってしまいますから、不足していると考えられる栄養のものや
食が細い場合などに補助的な役割で用いることが大切です。

 

犬のペットサプリには、下記のようなものがあります。
腸内環境、骨や関節の強化、老犬のケアなど様々なものがあります。

  • 腸内環境のバランスを整える
  • うんちや体臭・口臭の改善
  • 便秘や軟便の改善
  • 毛並みの悪さや皮膚のガサガサに効果が期待できるもの
  • 足の関節の痛みの改善
  • 耳が遠くなるのを改善
  • 白髪の改善
  • 涙やけ改善

いろんなものを何粒も飲ませるのではなく、効果的なものを1種類選んだほうがの体の負担にならなくて済みます。
ペットサプリメントを与える回数は基本的に1日1回で、エサに混ぜて食べさせることになります。

 

犬の年齢や体格によってペットサプリの回数や量に注意

子犬は体重によっても違ってきますが1粒が目安で、犬も1粒から2粒程度です。
また大型犬には2粒与えることになっているものが多いです。

 

老犬は特に注意すべきで、1粒与えるときでも上手く飲み込めないことが考えられます。
喉につまらせたりしないように顆粒タイプを選んだり、錠剤を粉砕するなどの対応が必要です。

 

知識があまりない人は獣医のサポートを受けながらペットサプリの利用を行うとよいでしょう。
特に老犬はいろんな病気を発症していることも多くなり、投薬を受ける機会もあります。

 

その場合は薬の作用を妨げないペットサプリを使う必要があります。
人間のものと同様で、長く続けていくことで効果が期待できます。

 

体調が悪く食事を取っていないときに無理に飲ませるのはよくありませんが、
24時間以上絶食させてしまうと良くないため効率的な栄養摂取方法としてペットサプリを活用する方法もあります。

 

>>ペットサプリおすすめランキングはこちらから確認できます!<<

page top